DANCE GOODMUSIC = PEACEFUL RIOT

Recommended

12inch Single

不思議なSingleへの旅12-10-7inch等VinylでReleaseされた作品は星の数ほど⭐︎
名盤レア盤珍盤奇盤が時空を乗り越えて、針が落ちる時を待ち侘びてます。
  • Side A1/Under The Thunder
    Side A2/Photosynthesizer
    Side A3/Trip On New Shores
    Side A4/Sunshine Flute
    Side B1/The Tides Roll In
    Side B2/Open Chakras
    Side B3/Rising Sun
    ArtistReuben Vaun Smith
    TitleWARM NIGHTS
    リーズから届いバレアリックの風。

    サッカー選手のキャリアを志半ばで断念せざるを得なかった彼は人生のネクストステージを音楽の道でした。
    祖父から手渡されたMIDIキーボードと決して高価では無いソフトウェアとメモリースティックを使い作られたこのアルバムはなんとも暖かみのある作品である。
    トロピカルとダンスと安らぎ。
    リーズから届いバレアリックの風。TZW

  • 1.J-Walk / Find Another Breeze (Gallo Tropical Hinterhof Remix)Remix – Gallo 2.Kenkou / Everlasting Dreams (Calm’s Still Dreaming Mix) Remix – Calm 3.Willie Graff & Tuccillo / Gliding 4.Lucas Croon / Japon 5.Quiroga (3) / Martinica Feelings (Whodamanny Reinterpretation)Remix – Whodamanny 6.Aura Safari / Slow Divers (Ambient House Dub) 7.My Friend Dario / Salamon’s Son 8.Juan Moretti / Moroboshi (Bjorn Torske Edit)Edited By – Bjorn Torske 9.Gallo (Berlin) / Small Things (Balearic Gabba Sound System’ Social Acid Distance Remix)Remix – Balearic Gabba Sound System 10.Sergio Messina & The Four Twenties / Fly Away 11.Black Spuma / Failure Day (Ambient Mix) 12.Black Spuma / Failure Day
    LabelHELL YEAH
    TitleBuena Onda / Balearic Beats
    Balearic=Free Style!!!!!

    今回は新しくリリースされたカセットをご紹介致します。
    イタリアのHell Yeahと言うNu disco、slow’mo、Balearicと言ったユルめの音楽を提供するレーベル。
    してその冠たるネームはベルリンで行われているレーベルのパーティのお名前だそうです。
    Balearicと言う音楽がどう言うモノなのか説明を求められますがごく簡単に申し上げますとただのフリースタイルという事だとあたしは認識してます。
    論ずるよりこのコンピをお聞き頂いた方がお分かり頂けるとご理解頂きたい。
    メディテイティブでありチルでありダンスである。
    TZW

  • Side A1/Kiss Them For Me (Kathak Mix)Mixed By Youth
    Side A2/Kiss Them For Me (Loveappella Mix)
    Side B1/Kiss Them For Me (Snapper Mix)
    Side B2/Kiss Them For Me (Ambient Mix) Mixed By Youth
    ArtistSiouxsie & The Banshees
    TitleKiss Them For Me
    後期バンシーズを代表するhit曲!

    ゴシック・ポジパンのイメージが強いバンシーズだったので当時この曲を聴き凄い衝撃を受け、新宿のvinylrecordでアルバムを購入し何年か後に12inchを特価で手に入れた思い出の一枚。だってschoolly d/pskで有名なあのビートとtalvin singhのタブラが絡みオリエンタルな雰囲気を匂わせつつsiouxsieの甘美な歌声に誘惑されるポップでドラマティックなダンストラック、12inchは2種リリースされてます!この盤はyouthによるremix3曲収録sideA①kathak mix冒頭に作家robert anton wilsonのリーディングをサンプリングし緩い四つ打ちでよりダンストラックよりにA②loveappella mixはkathak mixのリズムと歌声のみで気持ち良し、sideB②ambient mixに至ってはkathak mixでの多分808のベースラインにサンプリングしたタブラを加工し絡めた曼陀羅サウンド(笑)sideB①snapper mixはmike spike drakeだと思います、元曲を崩さずに印象的なギーターやブレイクでの映画のセリフのサンプリングを入れたり、よりドラマティックな仕上がりにオススメです! Naichin

  • Side A1/Key (ARIWA Dub Mix)Remix – Mad Professor
    Side A2/Key (Dub)Remix – Mad Professor
    Side B1/End Of The World (7″ Master)Remix – The Orb
    Side B2/End Of The World (Dub Version)Remix – The Orb
    ArtistAyumi Hamasaki
    TitleExcerpts F rom Ayu-mix Ⅲ AD03
    巨匠、2人により生まれ変わった浜崎さんの楽曲が素晴らしい

    2000年代初頭に浜崎さんの楽曲を国内外の名だたるアーティスト&dj達がremixしシリーズ化された作品からのアナログ盤で、remixしてる2組が私のツボなんです。sideA keyに教授♪sideB end of the worldに博士が! 4曲ハズレ無しのお得な1枚。sideA②dub 浜崎さんの歌を程良く加工しトラックも飛ばし過ぎず丁度良い湿度で聴かせるmad professorのラバーズダブ♡sideB② dub versionはdr.alex patersonことorbのremix! 潰れたスネアが鳴りアシッド気味なベースはブリブリ響きダークなブレイクビーツの霧を、掻き分けて光を灯すは短くカットされた浜崎さんの歌とpaterson博士お得意のサウンド・コラージュ、気持ち良いラストが聴けますよ! Naichin

  • Side A1/Visions Of You (The Welsh Mix)Remix [Mixed By] – Mark Ferda
    Side A2/Visions Of You (Ade Phases The Parameters Of Sound)Remix [Mixed By] – Adrian Sherwood
    Side B1/Visions Of You (“The Secret Love Child Of Hank And Johnny” Mix)Remix [Mixed By] – Andy Weatherall
    Side B2/Visions Of You (Pick ‘N’ Mix 1) Remix [Mixed By] – Andy Weatherall
    Side B3/Visions Of You (Pick ‘N’ Mix 2)Remix [Mixed By] – Andy Weatherall
    ArtistJah Wobble’s Invaders Of The Heart
    TitleVisions Of You
    Jah Wobbleの世界観にSherwoodとWeatherallが仕掛ける!

    Jah wobbleがエスノミュージックとdubを融合させたユニットバンドのセカンドアルバムからのSingleカット! 渇いたオリエンタルな空気が漂うなかJahの太いベース&か弱いヴォーカルにsinead o’connorのコーラスが加わり不思議とトランシーなnewwave・dub♪なんです! そんでSide A2/ade phases the parameters of soundとは『on-u sound』の党首adrian sherwoodのmix、オリジナル曲よりビートとベースを強調し曲の中盤に中東ぽぃギターをパンで左右に振りrock寄なdubを、SideB1,2,3全てandy weatherallのmix! 3曲共最高ですが特にB1冒頭の4分弱の低音が入るまでの焦らしがたまんねーッス☆多分marc ferdaが弾いたであろうオルガンの音色とweatherallのmixセンスが重なりサイケなdubサウンドに、この頃のweatherallが手掛けた仕事が好きな人には是非チェックして欲しいです! B2はウワモノと歌のインスト使えますねーNaichin

  • Side A1/Time To Make You Mine (Sugar Lips Mix)
    Side A2/Time To Make You Mine (Push & Slide Mix)
    Side A3/Time To Make You Mine (House Dub)
    Side B1/Time To Make You Mine (In My Dreams Mix)
    Side B2/Time To Make You Mine (Kenlou Supa Mix)
    Side B3/Time To Make You Mine (Jeep Version)
    ArtistLisa Stansfield
    TitleTime To M ake You Mine
    ジャケも内容もセンス良し! 息づかいまで感じる恍惚の1枚

    90’s代表するukの歌姫lisa stansfieldのremix12inchなんですジャケも内容もセンスが良てお気に入り! sideB①in my dreams mix(youth&the orbまぁーorbですな)パーカッシブなブレイクビーツ/ダビーなベースにお得意のサンプリングでorb臭が漂いsexyなstansfieldの歌と交じりあってahh〜ecstasy ♡歌詞のecstasyを何度も強調して使っててイイ時代です! sideB②kenlou supa mix(まぁーMAWです) 元曲で印象的なコーラスにホーン様に抜けるストリングス&ネタ使いスクラッチが、ホント絶妙で飽きさせないドラマティックなミッドテンポのR&Bを聴かせてくれます、何よりstansfieldの息遣いが感じられる歌声が癖になる1枚⭐️Naichin

  • Why
    ArtistMARASCHINO
    TitleWhy
    昨今のディスコリバイバルの中、benedekが手掛けたMaraschinoと言う新たな才能の歌い手

    僭越ながら手前どもがこの様な場を得て音楽を語れる事を感謝致します。
    最初の楽評はコチラ。carly simon / why (1982)のカバーソングです。
    この曲は有名で多くの愛好家の中では知らぬ存ぜぬ者などおるまいて、と言える程の名の知れた名曲。原曲のプロデュースはBernard Edwards と Nile Rodgers のお二方。そうChicであります。そして今年、2020年に突如リリースされた歌い手、Maraschinoのバージョンはbenedek がプロデュース。benedekと言う人物は昨今のディスコリバイバルの中でも突出したカラーを醸し出している気鋭のアーティスト。彼が作り出すサウンドは時代遅れと捉える事なかれ、今だからこそ新しいのである。シンセサイザーが心に響く音とは正にこう言う音であると手前どもは思うのです。
    そしてこのMaraschinoと言う歌い手は新たな才能とも言えるべき存在である事も忘れてはならない。儚くも切ないこの組み合わせは薄れゆく20世紀の輝かしい栄光を間違いでは無いと再認識させられる楽曲である。
    カリフォルニアからの風の便り。TZW

  • Side A1/Maiden Voyage
    Side A2/Dolphin Dance
    Side B1/Nobu
    Side B2/Cantaloupe Island
    ArtistHerbie Hancock
    Titlenobu
    アープ2600シンセのシーケンスループにハービーのエレピがからんでゆく浮遊感たっぷりのやっばいトラック

    1974年にコンサートの為に来日した際、厚生年金会館にて一人演奏で瞑想録音した曲。このレコードは日本盤のみの発売であり海外からするとややレアなブツです。推し曲はsideB1【nobu】内容はアープ2600シンセのシーケンスループにハービーのエレピがからんでゆく浮遊感たっぷりのやっばいトラック! 打ち込みのシンセに生楽器演奏は同時代の、マニエルゲッチング/E2E4に共通する雰囲気あります。いわゆる当時の早すぎたテクノなどとオーブの片腕トーマスフェルマンが申しております。Rah*simm

  • Side A 片面プレス/AROUND THE WORLD (DUB VERSION)
    Artist加藤和彦
    Titleアラウンド ザ ワールド(ダブバージョン)
    誰がダブったかは謎。しかし豪華な面々が参加している極上の非売品7inch

    この非売品7inchはパパヘミングウェイ収録曲[アラウンドザワールド]にサックスを乗せたダブワイズバージョン! 誰がダブったかは謎?片面のみのカッティングで最後にはエンドレスループになる仕掛け! バンドメンバーは加藤和彦・坂本龍一・高橋幸宏・大村憲司・小原礼など、ミカバンドやYMO周辺の手練れ達が当時最先端のレゲエやファンクを取り入れながら作り上げた和dubの隠れた名曲。Rah*simm

  • Side A/Movin’
    Side B1/Groove Jumping
    Side B2/Conscience
    Artist400 Blows
    TitleMovin’
    【future sounds of jazz】にも収録されたニューウェーブファンクの名曲!!

    グループがanthony thorpeとedward beer中心で活躍頃の85年にリリースされ以降も、一部のクラブdjに愛され『compost』レーベルからの名盤コンピ【future sounds of jazz】にも収録された、ニューウェーブファンクの名曲【movin’】反復するリズム刻むギターと暑過ぎないホーンセッションが疾走感を醸し出し女性voが乗り気持ち良く駆け抜けて行くsideA【movin’】元曲はファンクバンドbrass constructionの代表曲、sideB1【groove jumping】はインダスリアル感残るエレクトロファンクsideB2【conscience】スローなエレクトロファンクにヴォコーダーが搭乗するチョイスペーシーなサウンド! balearicsoundが好きな人にはオススメの12inch。Naichin

  • Side A/City Lights (Vocal Version)
    Side B/City Lights (Instrumental Version)
    ArtistWilliam Pitt
    TitleCity Lights
    80’s特有のアーバンなAORサウンドにsexyでイナタイvoと流れ鳴くギター

    アメリカ出身のシンガーwilliam pitt、86年リリースの12inch。dj harveyのプレイで一躍有名になったbalearic classics! 80’s特有のアーバンなAORサウンドにsexyでイナタイvoと流れ鳴くギターが何故か愛おしくなる一曲、sideBはインストでサウダージ感溢れるギターがメインの曲なんで現場に合わせて両面使える一枚! 最近だと『let’s play house』のオーナーjacques renaultがeditをリリースしてました。Naichin

  • Side A/ONE DAY(ENDORPHIN MIX)
    Side B/ONE DAY(SPRINGS ETERNAL MIX)
    ArtistBjork
    TitleONE DAY
    星空にドラムマシーンが響き渡るなかBjorkの刹那的ボーカル

    sabres of paradiseの良い仕事をご紹介、Bjorkの1stソロアルバムから【one day】をremixした10inch。sideAはアルバム【hounted dancehall】を彷彿されるtrip hop的なremixに、Bjorkの歌声が乗るドラマティックなダークファンタジー! 星空にドラムマシーンが響き渡るなかBjorkの刹那なボーカルサンプリングが散りばめられ浮遊間が【smoke belch Ⅱ】に通づるgood tripなsideBは御人的にオススメです。Naichin

  • Side A/Smokebelch II (Entry)
    Side B/Smokebelch II (Exit)
    ArtistThe Sabres Of Paradise
    TitleSmoke Belch Ⅱ
    聴く者たちを無重力空間に誘うAndrew Weatherall屈指のSpecialクラシックス

    惜しくも死去したweatherallがjagz/burns共に活動してた時期のevergreenな1枚! 愛おしく輝きながら聴く者たちを無重力な空間に誘うspecialなクラシックス、久々に音の良い箱で聴きたいね! A面B面どちらも最高★beatless mixやdavid holmes remixも要チェック。元ネタはthe prince of dance music.lb bad【the new age of faith】nu groove recordsからのカルトな曲。Naichin

  • Side A1/So Let Me Go Far (Remix)
    Side A2/The Elephant (The Balaphon-A-Bing-Bong Immigrant Mix)
    Side B/So Let Me Wobble Jah(Remix/Jah Wobble)
    ArtistDodgy
    TitleSo Let Me Far
    transglobal underground節が生かされて最後に元曲の歌も入りナイスなremix

    90年代ブリットホップを代表するバンドの12inchですが、transglobal undergroundを紹介した繋がりでご紹介します。sideA2the elephant(transglobal underground remix)がメチャメチャカッコ良いんですよー! 元曲のタブラ&アコギを残しつつ、ビートにブッ太いベースが乗り民族の歌ネタサンプリングが要所に要所に入りtransglobal underground節が生かされて最後に元曲の歌も入りナイスなremixに仕上がってます。そんでsideAAには、jah wobbleのremixも収録されてます。Naichin

  • Side A1/Temple Head (Pacific Mix – Airwaves)
    Side A2/Temple Head (Burundi Beat Mix)
    Side B/Temple Head (Zenana Mix)
    ArtistTransglobal Underground
    TitleTemple Head
    タブラ&クイーカが絡んだブレイクビーツにブッ太いベースがダビーに響く

    90年初頭から活動し続けるukのグループ! 民族音楽とエレクトロミュージックを融合したサウンドは、エスノなdancemusic好きなdjには是非チェックしてほしい12inch。sideA2【temple head(burundi beat mix)】タブラ&クイーカが絡んだブレイクビーツにブッ太いベースがダビーに響き、子供の歌ネタ(民族音楽)サンプリングがブレイクの様に入り込み盛り上がっていくトライブなブレイクビーツや、乾いた風が大地が流れる美しいトラックにnatasha atlasの癖になる歌声が絡むsideB1【voyager(shamiana mix)】など使える一枚です。Naichin

  • Side A/No Way Out
    Side B1/Dancing In The Street
    Side B2/So Good To Be Alive
    ArtistUK PLAYERS
    TitleNO WAY OUT
    爽やかなボーカルとコーラスが印象的なバンドのスイートソウルな12inch

    80年代初頭のukでシングル数枚とアルバム1枚を残し去っていったブリットファンクバンドの12inch。甘酸っぱく切ないメロディーが癖になるライトなスイートソウル【no way out】に、アーバンな香りに誘われ身体を揺らしてしまうメロウブギーなsideB2【so good to be alive】演奏は勿論の事、爽やかなボーカルとコーラスが印象的なバンド! AOR/ダンクラ好きにもオススメ! sideB1は名曲のカバーです。Naichin

  • Side A/Love’s Gonna Get You
    Side B/At Last
    ArtistUK PLAYERS
    TitleLOVE’s GONNA GET YOU
    ブリブリ響くベースラインと清涼感たっぷりの80’sファンクサウンド

    uk playersからお気に入り12inchをもう1枚! sideA【love’s gonna get you】冒頭からブリブリ響くベースラインに80’sなシンセが降りかかり、キャッチなメロのコーラス&ボーカル気持ち良く踊る清涼感たっぷりの80’sファンクサウンド! sideB【at last】は鍵盤が前に出たフュージョンファンクなインスト曲。Naichin

  • Side A/Heaven Taste (Original Mix Edit by Steven Wilson)
    Side B/Heaven Taste (Remix by Jimi Tenor)
    ArtistNO-MAN
    TitleHEAVEN TASTE
    Jimi Tenorのフルートも印象的なアンビエントエレクトロジャズ

    steven wilsonとtim bownessを中心としたukのエレクトロ・ユニット。1993年リリースされmixmaster morrisのクラシックスとしてマニアに有名な【heaven taste】がsteven wilson自身のeditとjimi tenorのremixで2016年にリリース。何も考えずに浮遊に身を任せているとmickのベースに流されてブレイクで水中からゆっくり水面に向かう様な気持ちになるstevenのツボを押さえたeditに、jimiのフルートも印象的で見事なまでにアンビエントなエレクトロジャズへのRemixは重宝します。レコーディング・メンバーにベースmick karn/キーボードrichard barbiri/パーカッションsteve jansenと元Japanが良い仕事しています。Naichin

  • Side A/Sensitive
    Side B/The Sound Of Waves
    ArtistMICK KARN
    TitleSENSITIVE
    冬近し遠い異国の港に1人佇む情景が浮かんでくる…美しい世界

    元Japanのベーシスト、mick karnファーストソロアルバムからのシングル。sideAも好き! だけどインストのsideB【the sound of waves】推し、ノスタルジック感ずる哀愁漂うメロディーを霧の様に包み込むキーボード、強く寂しく畝るmickの独特なベースが寄せては返し、冬近し遠い異国の港に1人佇む情景が浮かんでくる…美しい世界。Naichin

タイトルとURLをコピーしました